為替の市場の動向と真逆の動き

外国為替平衡操作(為替介入)というのは知っていますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、報道番組、ヤフーの情報で確認した人も多いと思います。ホワイトヴェール

そもそも為替介入(外国為替市場介入)というのは日本の場合、大臣(財務大臣)為替の安定化を実現させるために遂行する戦略と評価されています。1歳 ケーキ 食べられる 通販 1歳誕生日ケーキ 通販

簡潔に言うと、かなりの円高もしくは円安の時に財務大臣の指示に従って日銀が円を売買することで為替相場の安定化を狙うということです。

為替介入(外国為替平衡操作)には種類があります。

1.単独介入・・・政府機関や日本銀行が、東京での市場において自分から市場に入って為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談したうえ各々の銀行などが資産を出してタイミングを合わせてもしくは引き続いて為替介入(外国為替市場介入)を行なっていく。

3.委託介入・・・他国の銀行などに為替介入(外国為替市場介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局に代わって外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

こんなような種類です。

どのやり方の為替介入も一時期、もしくは引き続いて為替市場に多大な効果を与えるはずです。

為替介入の額は当たり前ですが自分の国の威信をかけているのですから桁違いです。

円を例に考えると、普段は数銭単位で変化する為替相場が突如数円単位の動きをします。

投資家の方ならば一回は体験したことがあると考えますが今まで期待通りに含み益(あるいは含み損)が増えている保有高をキープしていたところへ、持っている保有高が決済したとの内容の連絡がFXの業者の発信でメールが。

いくらくらい利益が出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済情報を見たら自身が予想していた状況とは逆の状況になり目が点になってしまうといった事例がありました。

介入が行なわれた際に多く聞く話です。

以上のように為替介入(外国為替平衡操作)が実施されると、為替の市場の動向と真逆の動きをすることがわかります。

なおかつ変化する金額の範囲は相当大きく変わりますので注意が必要なのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.