「ここは!」と考えたマーケットの時にはいっそ所有ポジション

実際にPCの前に座り絶えず上がったり下がったりしているマーケットを目を向けていると理由無く取引をしたくなるという欲求に煽られる場合も多かったりします。

だけど、はっきりしない考えで売買するのは、絶対に避けてほしい。

確かに、マーケットは1日中どういう時でもいずれかの国で為替相場が動いているし、為替レートもどういう時でも上がったり下がったりします。

しかし、だからといって何度も売り買いを積んでいくとその回数だけ損をする危険が増します。

もちろん、エントリーの数を重ねることによってだんだんと勝ち負けの確率が半々になっていきます。

けれどもこの事実は「はっきりしない感覚でエントリー」とは別の話だ。

エントリー回数を積むとは自分が「ここは勝てる」と直感した機会を得られた状況での注文回数を増やすという事です。

ただ何となく、絶え間なく売り買いを繰り返すのとは大きく異なります。

外国為替市場の戦いに負けないためには、自ずから意識的にメリハリをつけることこそが必要です。

「ここは!」と考えたマーケットの時にはいっそ所有ポジションを多くして、集中して儲けを追い求めます。

「何となく難しい外国為替相場でどうなるか読めないな」と感じた時はいっそのこと所持ポジションを全部見切りをつけて黙っています。

それくらいのメリハリがあったほうか最終的には売り買いはうまくいきます。

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

文字通りその通り。

相場とは、いつでも売買ポジションを保有する事が重要ではなくどのポジションも所持せずじっと見ていることも事態によっては、相場です。

それでは、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、これから先のマーケットが今ひとつ分からない時です。

今から高くなるのか安くなるのかわからないような時は、ヘタに動くと、自分で考えたストーリーとは反対の方向に相場が変動してしまい、損してしまいます。

だから、そういった状況ではポジションを閉じ何もせずに様子を見ているのが良い方法です。

ふたつめは、己の体の状態が悪いときです。

体の具合と市場に何の影響も与えないと感じる人もいると思いますが現実には影響を与えます。

体の状態がすぐれなければ、相場の肝心な状況で、正確な決定をする事が難しくなります。

関心がわかない時は相場から離れる事も大切な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.