出資法には罰則が存在し

ローンキャッシングの金利がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事と思いますが、それは利息制限法と呼ばれている規定により上限の利子が義務付けられているからなのです。75-16-56

貸金業者などはその規定の上限範囲内で定めているので、同じな中でも違いがあるようなローンサービスを提供しています。75-15-56

その利息制限法とはどのようなものなのか見てみましょう。75-6-56

まず上限利息ですが、10万円未満の融資には20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年間15%までとなっていて、その枠を上回る利息分は無効となるのです。75-11-56

無効とはお金を払う必要がないといったことです。75-20-56

しかし昔は年率25%以上の利息で契約する金融会社がほとんどでした。75-14-56

その理由は利息制限法に反しても罰則の法律が存在しなかったためです。75-8-56

それだけでなく出資法による上限利息の29.2%の利子が認められていて、その規則を改訂することは有りませんでした。75-4-56

利息制限法と出資法の間の利率の差の部分が「グレーゾーン」と言われているのです。75-5-56

出資法には罰則が存在し、この上限利息は守られていたようですが、これらの出資法を適用する為には「キャッシングを受けた者が自らお金を支払った」という大前提となります。75-12-56

この頃、盛んにされている必要以上の支払いを請求されるものはこのグレーゾーンの利率分を過分の支払いとして返却を求める申し出です。

法的でも出資法の大前提が聞き入れられることはたいていなく、要求が通る事が多いです。

今では出資法のMAXの利息も利息制限法と統合され、この事により金融会社の利子も似たり寄ったりになるのです。

万が一この事実を知らないまま、上限範囲の利息を超過する契約をしてしまった際でも、これらの契約自身が機能しないものとなるので、上限枠の利息以上の金利を返却する必要はないでしょう。

そうであるにも関わらず請求される際には司法書士か弁護士に相談するべきです。

それで返金を求めることはなくなると思います。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.