販売額の30%や40%で買い上げるという手段のようです

新聞の宣伝チラシ、スポーツ新聞、電話ボックスに見られるチラシや郵便広告などで、「多重債務の整頓任せなさい」「多重借金を統合しませんか」という内容の広告を見かけることがよくあります。ハーブガーデンシャンプー

「整頓屋」「買取専門屋」「つなぎ屋」と呼ばれる悪徳業者の嘘広告のケースもあるということなのです。

利用した際には自己破産申し立てプロセスの中で最優先の免責決定を受け取れない危険がありえます。

「片付け屋」は多重債務者を引きつけ、常識外の代金を要求して整頓を行いますが、結局は借金整頓はなされず、依頼者はより一層の負債地獄に落ちる場合がすべてと思われます。

「買取専門人」では負債人のカードで、電化用品、電車の券を多量に購入させ、借金者から物品を販売額の30%や40%で買い上げるという手段のようです。

負債人は一時は金銭が手に入れられますが、クレジット会社によって購入品の定価の催促が届き、実際のところ債務を上乗せすることになってしまいます。

このケースだとクレジットカード業者に対しての詐欺であるということになり免責許可を受けられなくなります。

「紹介者」というのは名の知れた消費者金融から断られるようになった借金者へ、融資は全然せずに、貸出をしてもらえる店を教えて、法外な紹介料を要求する業者です。

つなぎ屋は自らの手続きで資金提供できたというようにしゃべりますが本当のところは何もしないまま、単純に審査の甘めのルートを分かっているだけです。

この場合も実際のところ負債額を拡大させる結果に終わります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.