合わないということもありません

重量税とは、国産自動車あるいはイタリア車というような愛車の生産している国やプラグインハイブリッド車、クーペなど車体に関係なくミツビシやフォード、等にも一般的に負担をしなくてはいけない税のことをいいます。太陽光発電の点検・メンテナンスの注意点と重要性

新車を登録するさいもしくは定期的にある車検を受ける場合に納付するものになります。シースリー ズボラ白書

この税額は自動車の車重で決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」は全く異なる概念ですからきちんと学んで一緒にしないようにする必要があります。

「自動車重量税というものは自動車の重量によって」「自動車税とは車の排気量により」金額が違います。

売却の際の扱われ方異なりますし注意しなければなりません。

自動車を買い取ってもらうときには支払った額がどれだけあってもその金額が還付されるということはありませんが、一方で、自動車税の場合は、既に納めた金額を買取金額に上乗せしてくれるという事例がありますが、重量税に関しては上乗せしてくれるといった事例はあまりありません。

重量税というのは手放す際に支払った税額が残っているからと言って自動車買い取り業者の方でその事実が配慮されるケースはほとんどないです。

なので次回の支払い、つまり次回の車検まで売るのを少し待ち買い取りをお願いするということがベストです。

中古車買取の時は考慮してもらえない重量税ですが、特別なケースだと還付していただけることもあります。

これにあたるのは、車検の効力が残ったままのクルマを廃車にしてしまう時。

要するに抹消登録をした場合、残っている期間に応じて重量税が返ってきます。

しかし自動車買い取りの際はその中古車が廃車されるのとは違うので返金されません。

それから手放す車の名義変更をした場合や、盗難された場合も還付してもらうことは不可能です。

重量税の残存期間がある車を売るということはつまり車検の効力が残っている自動車です。

それを店側も忖度しますので、重量税が残存していれば少しは買取額が上がるでしょう。

勿論買取金額は買取業者によって違ってきますが、車検の効力がまだあることが忖度されれば車の買取金額と比べるとそれほど割に合わないということもありません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.