為替トレードの場合

FXについての魅力は、たった一つの投資商品であるのですが、資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の中からどの種類を選定するかで、投資の方法が変わってくる部分にあります。75-7-146

1番目に外国の貨幣へ投資の「長期」について詳しく見てみよう。75-15-146

長期の投資というのは、一年以上の投資期間を前提にしています。75-17-146

一般的に為替のレートで一年以上経った後のレートは円高になっているだろうか、あるいは円安かどうかを予測するなんてことは、一般的に難問に違いありません。75-9-146

正直なところ「そんなにも後の状況は予測できない」となるのが実際のところでしょう。75-19-146

考えられないことを頭を使って推測しようと努力してもそんなことは無駄な行為です。75-12-146

ですから外貨を買ったとして、価値よりも円高に変動したとしても、近いうちに戻ってくるという感じで売り買いに参加することが必要です。75-20-146

儲けを熱心に大きくすることに限定せずそれ以外の差益つまりはスワップポイントで儲けることを一番最初のゴールとして出資しましょう。75-11-146

当然短期的に為替の差損にマイナスが非常に大きく膨らんでしまうことがあります。75-18-146

そういう訳で大きなマイナスが大きくなっても影響のないようレバレッジを必要最小限に売り買いするのが大切です。75-4-146

外国為替証拠金取引は損失がある範囲以上に増えてしまうと追加保証金を払わなければならなくなったりもしくは損切りを置くことになります。

ストップロス(ロスカット)がかかったらその時点でトレードを清算しなければならず長期取引をできなくなります。

こういったリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍でトレードするのが安心かと思います。

2番目に中期投資のケースのやり取りを考えてみましょう。

中期の場合は、最大で2ヶ月ほど後々を見越しての売り買いをします。

為替トレードの場合、1ヶ月ほど先のことであれば、ほとんどの場合先読み可能かと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国同士の議会とか為替市場参加者がどんな点に興味を持っているかを調べれば、それなりに、予想がつくのです。

経済の状態を見ながらもグラフを見ることによって為替の状況を把握できるようになり、買いポジションか売りポジションかをジャッジする方がいいと思います。

基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジの両方とも良い状態でありまたはどちらも買い傾向が同様であればおおよそジャッジした通りに動くと考えて間違いありません。

持ち金を増やしておけば大きなリターンを手に入れられるに違いありません。

最後は短期のトレードの重要点。

ここでいう短期のトレードが示しているのは言うなればデイトレードのことを示しています。

為替でデイトレードを行う際は経済の状況は影響がないと断定していいです。

というのも翌日の為替の相場の変動に、経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

ここでの一番のポイントは大きい事柄があり、それに影響されて為替の相場が変動する時を見過ごさないようトレードしましょう。

たとえば米国において雇用情勢が公示されるもしくは金利政策等により制作金利が動くほどの行事。

こういった絶好の機会に変わり様をものにするといった意味から、短期のトレードでは高度な情報が必要になる。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.