とりわけ自己破産に関

自己破産申請までは裁判などの要請は承認されます。

とりわけ自己破産に関する作業に進んだあと申請までに無駄な時間がかかる場合には債権人から提訴されるリスクが高くなります。

債権保持者側からすると債務の払込もしないままそのうえ自己破産といった司法上のプロセスもされないといった状況であると業者内部で対処をすることができないのです。

要は訴訟の結果裁決がおりるとしても破産の申請人に借りた額を返金する資産はないのです。

債権者もそういうことは認識の上で訴訟行為のような威嚇で、うまく和解にし返済させるとか借金者の親や一族に返済してもらうことなどを狙っているケースもあったりします。

平成17年の1月1日に改正された新しい破産の法律のもとでは自己破産手続きをしたら差し押さえといった法律上の手続きの場合、効果がなくなることになりました。

そうなると、従前の破産法の場合と別で裁判といったことをしようと無駄になると思われるから真剣に裁判をしてくる債権人はほぼすべて存在しなくなると考えられます。

そういうふうな意味でも平成17年の1月1日に改正され自己破産は従前と比較して用いやすくなったと考えます。

督促状のケースですが支払督促とは司法が債務者に対して返却をしなさいという通知です。

スタンダードな訴訟をするケースとは違い、債権者の一方的な意見だけを聞くことで進めるため普通の提訴のように間隔と裁判料がかかりすぎないので、取り立て企業がよく使う法的な手法です。

裁判所に対しての督促の要求がなされると裁判所から文書が届く手はずになってその通知が配達されてから14日以上が経った場合、業者は負債人の財産(給与も)に関し差押え処理がなせるようになるわけです。

支払督促に対抗して異議の申請を出すことができるときは、普通の裁判に移ることになるのが普通です。

通常の審議は長丁場になりますから免責までに裁決が分からない推測が濃厚になることに注意しましょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.