双方の無駄なやり取りとなる状態

自動車事故が起こった場合あなたが交通事故の被害者であっても相手がミスを少しも認めない状況は多くみられます。あきゅらいず

例をあげれば、故意に起こしてしまったのと違い注意が足りなくて相手の車をぶつけたケースでそうした言い争いになるケースがあります。Bizoux(ビズー)

だからと言ってそのまま自動車だけの交通事故片付けられて、何ヶ月か後に自覚症状が現われてから、行った病院の診断書類を提出するのでは後手後手に回る感じは否定できません。コトハコーヒー

それならば、車での事故の過失割合の取り決めにはどういう判定基準が設定されているのでしょうか。ソルースジェル

細かく申し上げますと、警察が確定するのは核として交通事故の大きな落ち度が認識されるのはAかBかという責任の有無であり、「過失割合」ということではありません。Remery(リメリー)

さらに言えば、決められた事故責任者が警察署から知らされる場面はないです。ミレイズ

このため、過失割合は本人たちの調整によって決定され、これが自動車事故の賠償の算定のベースとなる訳です。はっぴぃタイム

この場面で、関係者全員が車の任意保険に入っていない場合には、お互いが直接相談をせざるを得ません。リップルキッズパーク

だけど、当然の事ながらこういった方法では、理性的でない言い合いになる時が多くなります。ソワン

その上、お互いの意見に差があれば最悪、裁判沙汰に突入しますが、これでは長い年月と訴訟費用かなりの損失となります。ポイントランド

そんな分けで概ね各々の当事者についている自動車保険会社、互いの保険会社に話し合いを委任する手法を用い、相応しいどちらに何割過失があるのかを冷静に決定させます。

その際、保険会社は前の自動車事故の係争の結論から導き出された元となるもの、判例集等を元に、推定と協議を活用して割合を計算します。

そうであっても事故の際には不幸にも関わってしまったのか巻き込んでしまったのかに関わらず、第1に110番に連絡するのが大切です。

その上で保険の会社に連絡を取りその後のやり取りを委任するのが手順となります。

やり方さえ把握していれば、双方の無駄なやり取りとなる状態を回避できます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.