そういった判断する項目のことを属性と言い

キャッシングサービスを使用するには、利用するサービスの審査に申込み、その申込みをクリアすることが前提条件です。

そうなると、そのような審査基準では、利用者のどの項目が判断されるのか。

キャッシング会社は審査を受けると、まず自分の会社の登録データに申込者が以前にエントリーされているかどうなのか、みます。

審査基準を通過すると、信用情報機関に問い合わせて、キャッシングサービスを受けようとしている人の記録があるかどうか確認します。

次に、キャッシングサービスを受けようとしている方の才や過去の借り入れ経験と、個人情報の面も調べていくのです。

最終的に、キャッシングサービスを利用させるかどうするか、いくらまでのお金の貸出しを認めるかを判断していきます。

審査基準を通ることで、キャッシュカードが作られ、お金の貸出しサービス活用することができます。

キャッシングサービスを受けるための手続きには、審査依頼者の個人に関する情報といえるもの余すことろなく見せるつもりで望む必要があります。

自分のことはもちろん家族のことやお仕事や勤め場所や、住宅の環境等も審査の事項に追記しなければなりません。

お金の貸付け会社の審査では、そういった判断する項目のことを属性と言い、チェック項目の中でも、とりわけ大切とされる属性があり、その項目でひっかかった際は、厳しい審査を受かる割合いは少ないです。

重視される属性というのは、申込みをする人がどんな方なのかということを分かることができ、また確証がとれるものについては重要視される流れがあります。

重要視される属性の中でも、収入水準が把握できる属性も重視されるようです。

月の収入は重要とされるだろうと思う人も多いようですが、実は自分で申し立てができるものですので、年収自体というものは裏付けがとれない限りは重要とされるものでないとされています。

でたらめな年収の報告も可能な審査項目なので、確証のあるものよりは重要とされることはないようです。

さらに職業の面では、特に「安定している職種」業種であれば、通りずらい審査にも関わらず有利となります。

学校の先生などの公務員がその一つの例で、公務員に次ぐ職業にはホワイトカラーと言われているサラリーマンなどになります。

審査にマイナスとなってしまう職業の種類としては逆で、「転職しない職種」です。

水商売関係や、日雇いで働く方、自営業者、漫画家なども、安定した業種とは判断されにくく、審査自体が厳しくなります。

その他にも、住み家の面では、持ち家であるかどうなのかというポイントは間違いなく重視されるはずだが、持ち家か否かと同時に、住んでる年数もかなり重視されます。

贅沢な家に住んでいるかというよりは、どんな家でも長年住んでいるほうが審査自体はプラスです。

長年住んでいるので、信用できるのではないかと推測されるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.dupontpa.info All Rights Reserved.